老後費用いくら貯めたら良いのか…

 

「ざっくり」お話すると

 

 

【生活費】

毎月の生活費-公的な年金=足りないお金

足りないお金×12ヶ月×(25 or 30年)

我が家は、65歳から30年で考えています。

 

【特別費】

旅行・車・修繕、リフォーム・老人ホーム入居 など

 

 

上記の

【生活費】+【特別費】=必要な老後費用

 

こんな感じで考えてもらえたらいいかなぁ~と思います。

 

 

 

自分の親や、祖父母をみていたら

どこに不安を感じるのか

どんなことにお金がかかっているか

なんとなくですが、わかってきました。

 

 

~妄想中~

 

夫婦のどちらかが亡くなって

身の回りのことができなくなって

月20万かかるホームに入居したら

年間240万…

80歳から95歳まで入居したとしたら

引落される口座に3,600万円

入れておかないとなぁ~

 

入居費用と直葬は、別で用意…?

 

…げっ

 

~妄想中~

 

 

退職金がある方は、

必要な老後費用から差し引くのか

ローンが残っていたら完済してしまうのか

話し合ってみましょう。

 

 

我が家は、退職金がないので

がっつり上記で出た金額を目標にしています。

 

 

例えば

夫婦2人で、30年掛けると

 

小規模 月7万×30年間=2,520万

小規模 月3万×30年間=1,080万

iDeCo 月3万×30年間=1,080万

iDeCo 月1万×30年間=360万

この月額だと

 

約 5,040万円

(小規模でのプラス、iDeCoの損益は考えずに)

 

 

月額を増やしていけたら、もっと貯まります。

 

 

あとは、預貯金ですよね。

 

 

預貯金は

・住宅ローンの繰上返済用

・教育費

・生活防衛費

・旅行費

 

などに使うことが多く

老後費用までなかなか回らない気が。

 

(きちんと貯められている方もいます)

 

なので、

小規模や、iDeCoで

強制的に先取貯蓄をさせてもらってます。

 

 

つみたてNISAは、遊び程度に

掛けているので

20年後、どうするか考えようかなぁ~と。

 

 

自分たちが

「毎月の家計から」

「年間の収入から」

どのくらい貯金できるか

を知っていたら

 

「預貯金を増やそうか~」

「老後資金を増やそうか~」

 

と、貯金の資産配分もやりやすくなります。

 

 

ライフプランも好きですが

個人的には、資産簿の方が好きです。

 

 

まずは、ライフプランをして

問題点を知ることが大前提ですが

 

モチベーションアップのためにも

資産簿もぜひ活用してみてくださいね~♪