マンションを購入すると

管理費用修繕積立金など

毎月必要になってきますよね。

 

戸建てだと、

強制的に引き落とされはしない代わりに

自分たちで積立をしていく必要があります。

 

 

耐久年数があるので

10年を過ぎてくると、いろんなところで

ガタがくるのは当たり前なんですよね。

 

とはいっても病気や事故と同じ。

リスクはわかっていても

実際になってからじゃないと

なかなか行動に移しにくいのが現状。

 

 

なってみないと実際の費用や

いつ、どこが必要になるのか

正確には

わかりませんが予測はできます。

 

私たちは、戸建てのお客様に

駐車場代などがかからなくても

 

「少なくても

毎月1万5千円くらいは、

積み立てていけると良いですね」

 

とお話しております。

 

 

 

15,000円×12ヶ月で、年間18万円

180,000円×20年間で、360万円

 

月々2万円積み立てると

20年後には480万円です。

 

 

▽10年後くらいから~

 

シロアリ

屋根の塗装

ユニットバス

外壁塗装

キッチン

トイレや洗面台

給排水管

 

補修などが必要になってきて

 

▽20年後くらいから~

 

網戸や雨戸なども含めて

交換などが必要になってきます。

 

高齢になってきたら

生活しやすいようにスロープをつけたり

バリアフリーなどの

リフォームをするかもしれません。

(軽減制度や助成金などの対象になるか確認してみましょう)

 

 

マンションであっても

給湯器、トイレ、ユニットバスなど

ずっと住み続ける予定なのであれば

取り替える必要も。

150~200万円くらいかかるかもしれない

ということは頭に入れておきたいですね。

 

 

修繕費用は、何十万~何百万

症状が出てから、貯めだしても遅いです。

 

教育費も大事ですが

気持ちよく住み続けるためにも

 

老後費用の中に

こういった先のお金を含めて考えてみましょう。

 

 

必要な老後費用の計算方法

 

住宅ローン、借りれる上限まで借りるべき?

 

老後の自分に今からできること。