相続というのは、突然やってきます。

 

そろそろ考えなくては…と思っていても

なかなか動きにくいし

わからない…また今度。となりがち。

 

“資産がある人は、

毎年110万円以下で贈与したらいい”

 

これもよく聞きますよね。

これは、贈与税の基礎控除です

 

 

相続税

贈与税

 

それぞれに

基礎控除というものがあります

 

 

相続税基礎控除額

今は

3,000万+(600万×法定相続人の数

 

 

例えば法定相続人が3人の場合

4,800万円になります。

 

 

この法定相続人というのは

民法で定められた相続人のこと。

 

この場合

遺産の総額が4,800万円以下あれば

相続税の申告と納税をする必要がありません。

 

 

でも、持ち家などがあれば

超えてしまうこともあるかと思います。

 

 

では、

毎年1人あたり110万円以下で贈与をしていけば

贈与税はかからないのでしょうか。

 

 

はい、かかりません。

と言いたいところですが、

かかる場合もあるようです。

 

 

例えば年間100万円を10年間受け取るという

約束がされていた場合は、定期贈与となり

贈与の合計額に対して課税されるようです。

 

たまたま、続けて贈与を受け取った場合でも

きちんと毎年贈与契約書を結ぶ方が良いようです。

 

証拠として残しておくということが大事。

 

 

ただし、

亡くなる前の3年間に行った贈与は

相続税の対象となります。

 

(これを生前贈与加算といいます)

 

 

ですので、

もう余命が短いだろうから…

 

と急に贈与をしても贈与税ではなく

相続税が発生するということ。

 

 

難しいですよね…

 

認められるのか。

認められないのか。

 

贈与になるのか。

そうでないのか。

 

 

やはりここは、

プロの税理士さんに相談するなどして

 

前もって、家族(親族)で

考えていくことをお勧めします。

 

親が貯めてきた、子どもの通帳を

子どもに渡しても多額なら贈与

 

結婚だったり、子が必要なときに

親がお金を渡すというようなことも贈与

 

よくある話です。

 

争族にならないためにも

きちんと整えておきたいですね。

わからないことは、プロに聞きましょう!