ヒーローズメンバーで顧問のお客様や

家計ダイエットをしているお客様から

多く寄せられる質問です。

 

 

私たちの答えとしては

「損得ではなく、どこを重視するか」

 

そして、まず

・健康保険上の扶養

・税制上の扶養

 

どちらのお話なのか。

 

所得税の扶養と健康保険の扶養は違います。

 

例えば、

健康保険上の扶養を外れるというお話であれば

手取りは減るかもしれませんが

 

その分、社会保険に加入することで

厚生年金が上乗せされ老後の年金が手厚くなります。

老後だけでなく、遺族年金障がい年金も上乗せ

産休中の手当も出るなどのメリットもあります。

 

どうしても手取りは減らせない

でも社会保険に加入しなくてはいけない

ということになれば

 

標準報酬月額から社会保険料を引いて

今の手取りより減らないあたりまで

総支給の収入を増やすような働き方

 

を目指すと良いですね。

 

(↑全国健康保険協会HP/兵庫県)あくまでもご参考までに。

 

会社によって差し引かれる内容も異なるので

詳しくはお勤め先に確認してください。

 

 

社会保険料のことであれば、社労士さん

税金の計算であれば税理士さんが詳しく教えてくれますが

 

私たちは、その部分よりも

どんなライフスタイルを望んでいるのか

 

産休育休を取る予定

妊活中

気持ち的にも余裕がある働き方がしたい

子どもといる時間を長く取りたい

住宅を購入する予定がある

周りにサポート環境がある

持病がある など

 

そのあたりが重要だと考えています。

 

そのお客様1人1人にどういったお考えなのか

具体的にお話を聞いてお伝えします。

 

 

「損得」だけで働き方を選ばず

今も、将来もより豊かに安心して過ごせる

働き方を選んでいきたいですね。