2020年になって、もう2週間以上も経つんですね~!!早いですね。

 

子どもたちがもらったお年玉、どうしてる?

 

我が家では、産まれてから今までもらったお年玉を全額貯金してきました。

今まではまだ、自分で考えてお金を使うには、

少し大金すぎるかなと…。2,000円とかね。笑

 

おそらくガチャガチャとお菓子に消えてゆくでしょう 😆 

 

今年は初めて、年越しの瞬間に起きていたり、

お菓子を買うときに”スーパーのお菓子100円まで”という予算を考えて選んだりなど、

大人の階段を少しずつ上ってきたので、

今年は600円ずつだけあげて、残りは貯金することにしました!

 

600円の使い道は…

スーパーの玩具付お菓子に使ったようです。 😆 

 

でも封筒貯金をしているお年玉を見せると、わ~!と喜んでいました。

1万円札を見て、これはあなたたちのお金だよ。とわかると嬉しかったみたい。

 

お金が貯まったら、何したい?と聞いてみると

 

「好きなもの買う~!」6歳長男

「お金が貯まったら、もっとお金いっぱい貯める!!」4歳次男

「やっぱりそうする~!」長男

とのこと。笑

ちょっと何言ってるか分からなかったですけど可愛い(笑)

もし深い意味があるならスゴイ!コワイ!! 😯 

 

お年玉貯金袋に

”お金が貯まったら、もっとお金いっぱい貯める!!

2020年 元旦”

と書いておきました☺

 

↓他スタッフのお年玉の使い道を紹介します🌸

 

中学生1人、小学生2人の子を持つスタッフM家

 

小学生までは

親が考えて少し渡して(例えば3,000円)残りは貯金。

中学生になってからは…

自分で1年間に使う金額をこどもが考えて、手元に置いておいて(例えば1万円)

残りは子どもの口座に貯金しているのだとか。

 

M家の子どもたちは、月々の少ないお小遣いからも貯金しているのだそう!!

(中学2年生 月1,500円)

 

自分でやりくりをするのって大事ですね❁

 

幼稚園児2人の子をもつスタッフS家

↓インスタグラムから引用。

 

 

 

 

 

 

お正月、使いすぎた~!!って方。

↓ぜひこちらの記事も覗いてみてください♪

 

お正月いくら使いましたか?

 

お正月費用の内訳

 

学校では教えてもらえないマネー教育